免許取り消しや停止になる場合

運転免許保持者が何らかの交通違反行為を行った場合、違反の内容や頻度に応じて罰則の違反点数が加算されます。 違反点数の過去3年間の累積が法律で定められた一定の基準に達すると、運転免許の停止や取り消しなどの処分が行われます。 免許停止処分は、運転免許を保持したまま一定の期間の間は車を運転することを禁止する処分です。 免許取り消し処分は、免許そのものを剥奪される処分です。

違反行為の例としては、速度違反や駐車違反や標識等の遵守義務違反、飲酒運転等やその他交通に関する違反などがあります。 違反時の罰則の点数は、違反行為がもたらす重大性や影響によって決められていて違反の内容ごとに異なります。

非常に悪質な違反行為の場合は、通常よりも重い処分や点数に関係なく免許の取り消し処分が行われることがあります。 このような重大な違反行為としては、飲酒運転やひき逃げ等の保護責任違反や死亡事故などがあります。 重い処分の場合、法律上の処分だけでなく一定期間内は免許の再取得などに制限期間が付く場合があります。

これらの免許停止や取り消しなどの処分を受けないようにするには、交通に関する規則を遵守して違反行為を行わないようにすることが必要です。

Comments are closed.