Author Archive

付加点数

自動車を運転するためには、常に交通法規を守って運転することが必要とされています。自動車免許を取得する際には、しっかりとした教習を行って、違反などに関しても一定の学習を行います。晴れて免許を取得した際には、付加点数などの詳細が記されている教則本などを入手することも可能とされています。自動車免許は予め違反などをしてしまった際に、その内容によって付加される点数というものが定められており、明確に規定されています。例えば違反歴などが無い方が信号無視をしてしまった場合では、2点が付加されることになります。また、スピード違反も多い傾向にありますが、25km以上30km未満の速度超過の場合では3点の付加で済ませることができますが、時速30kmを超えてしまった場合では、6点の付加となってしまうために注意が必要になります。違反歴が無い方では点数が0点になりますが、違反したことによって付加されてしまい6点に達した際には30日間の免許停止処分を受けることになります。また、15点に達した場合では取り消し処分になるために、十分に注意して運転することが必要とされています。違反内容や点数に関しては、時代と共に変化する部分があり、近年では飲酒に関する罰則が強化されています。そのため、常にルールを順守して運転することが求められています。

特定違反行為

特定違反行為とは、交通違反の中でも特に悪質かつ危険な違反行為のことで、「運転殺人等」「運転傷害等」「危険運転致死」「危険運転致傷」「酒酔い運転・麻薬等運転及び救護義務違反」などに該当する違反行為のことをいいます。
これらの違反行為については、運転者が事前に危険性を十分認知できたにも関わらず、違反行為を行ったり、それによる事故を発生させたことは、実質的には故意によるものと考えることができるため、厳罰に処される規定となっています。
これらの違反行為は、速度超過といった一般違反行為とは異なり、一度で免許取消処分の対象となるほか、基礎点数や欠格期間についても専用の基準が設けられています。
運転殺人等に該当する行為は、基礎点数は62点、欠格期間は8年相当となります。
運転傷害等に該当する行為は、基礎点数が最大で55点、欠格期間は最長で7年相当となります。
危険運転致死に該当する行為は、基礎点数が62点、欠格期間は8年相当となります。
危険運転致傷に該当する行為は、基礎点数が最大で55点、欠格期間は最長で7年相当となります。
酒酔い運転または麻薬等運転に該当する行為は、基礎点数が35点、欠格期間は3年相当となります。
救護義務違反に該当する行為は、基礎点数が35点、欠格期間は3年相当となります。
なお、これらの違反行為が複合して行われた場合でも、欠格期間は最長で10年となります。

一般違反行為

2009年に改正された道路交通法施行令で自動車運転に関する違反区分が新しく設けられました。
運転殺人傷害等・危険運転致死傷等・酒酔い運転・麻薬等運転・救護義務違反(ひき逃げ)といったものを特定違反行為と呼び、それ以外の違反を一般違反行為と呼びます。
後者の違反でよく知られているものとしては、信号無視やスピードの出し過ぎによる速度超過違反、シートベルト着用義務違反などでしょう。運転をしていて警察官に自動車の停止を求められた経験がある人もいるのではないでしょうか。
こうした違反に加えて、最近増えているのが運転中の携帯電話の使用です。
これもまた違反行為に含まれるので、もしも、運転中に携帯電話を使用しなければならない時は、安全を確認して自動車を停止してからにしましょう。
違反行為を積み重ねると、点数が累積され免許の停止や取り消しに繋がります。免許を取り消されると、その後数年は免許を取ることが出来ないこともありえるので、違反行為をしないように心がけましょう。
基本的にほとんどの違反行為は、運転する側の意識を変えることで防ぐことが出来るはずです。
運転する側に必要なのは、自分は大丈夫だろうという意識ではなく、もしかしたら、自分が事故を引き起こすかもしれないという自覚を持ち、運転をするように心がけましょう。
023410

点数制度の概要

車を運転している人にとって、交通ルールは必ず厳守しなければいけないものであります。
直接、車同士や人に危害は加えることはなくても危険な運転をしたり、停めてはいけない場所に駐車して人に迷惑をかけたり、制限速度を超えて運転したりする事で、人々だけでなく周囲の環境にも悪い影響を与えてしまうものです。
そういった、交通ルールを違反した人に対して違反した内容によって点数化したものが、交通ルールにおける点数制度です。
交通違反による点数制度の概要といっても要は、違反内容によって決められている点数を運転免許保持者に加算する事で罰則を与えて行くというものでありますから車やバイクを運転している人なら誰でも知ってはいる事です。
軽いものではシートベルトの非着装から一番重いもので飲酒運転による死亡事故に至るまで点数は細分化されており、当然事故が大きいものほど点数が高くなっていきます。
しかし、運転者にとって交通ルールを守ることは当たり前のことであるのにも関わらず、痛ましい交通事故は本当に後を断ちません。
原因は必ずしも運転者側にあるわけでは無いケースもありますが、交通事故の大半は車両運転者の不注意や「だろう」運転による
ものが圧倒的です。
交通事故を起こせば、被害者の人生だけでなく加害者の人生にも多大な影響を与える事を今一度再確認して、車両の運転を行って行くことが重要です。

取消処分者講習制度

取消処分者講習制度は、道路交通法の改正によって平成2年9月から始められました。この制度の目的としては、多くの人が運転免許を取り消された後でも免許を再び取っていること、また免許を再び取った後に再度交通事故を起こすという再事故率の高さなどから検討され施行された制度です。この制度はこれまであった欠格期間とともに、免許の再取得者に対して、その意識面での矯正を目的とされています。運転免許の拒否や取消し、6ヵ月以上の運転禁止処分を受けた者はまず、欠格期間を受けます。その後再び、運転免許試験を受けるためには、公安委員会が行っている取消処分者講習を受講しなければその資格を得ることはできません。講習後は発行される、取消処分者講習終了証書を受け取ります。その後は再び教習所で講習を受けるか、あるいは運転免許試験場で試験を受ける必要があります。取消処分者講習の受講においては、本人が運転免許センターや警察署で予約をする必要があります。予約は欠格期間を終えた後、1ヵ月前から受け付けされます。受講には、運転免許取消処分書が必要です。これ以外にもいくつか必要な書類がありますし、予約や講習を行っている日時などはそれぞれの地区によって違いますので、各自確認が必要です。

初心運転者期間制度

初心運転者期間制度とは運転免許取得後から1年間を言いますが、一般の運転免許所持者と初心運転者期間は取扱が異なるため慎重な運転が求められます。運転免許取得から1年間は技能や知識の不足から事故を起こしやすい期間となりますので、この期間について罰則規定を重くしたものと言う意味合いがあります。初心運転者期間内に交通違反を犯し、累積点数が3点以上となった場合に初心運転者講習を受ける必要があります。初心運転者講習をを受けなければ、初心運転者期間の終了後に再試験を受ける必要があります。また初心運転者講習を受けた場合でも、その後交通違反を繰り返し累積点数が3点以上となった場合には、講習を受けなかった人と同様に再試験を受けることになります。再試験に合格できなかった場合と、正当な理由がないにもかかわらず再試験を受けなかった場合には取り消し処分を受けることになります。通常の取り消し処分は違反点数によって再取得までに長い期間を要しますが、初心運転者期間の取り消し処分については欠格期間が無いため、すぐに試験を受けることができるという特徴があります。累積点数が3点以上となっていますが、1回の交通違反で3点以上となった場合には対象外となっている点に注意が必要です。
019807

免許取り消しや停止になる場合

運転免許保持者が何らかの交通違反行為を行った場合、違反の内容や頻度に応じて罰則の違反点数が加算されます。 違反点数の過去3年間の累積が法律で定められた一定の基準に達すると、運転免許の停止や取り消しなどの処分が行われます。 免許停止処分は、運転免許を保持したまま一定の期間の間は車を運転することを禁止する処分です。 免許取り消し処分は、免許そのものを剥奪される処分です。

違反行為の例としては、速度違反や駐車違反や標識等の遵守義務違反、飲酒運転等やその他交通に関する違反などがあります。 違反時の罰則の点数は、違反行為がもたらす重大性や影響によって決められていて違反の内容ごとに異なります。

非常に悪質な違反行為の場合は、通常よりも重い処分や点数に関係なく免許の取り消し処分が行われることがあります。 このような重大な違反行為としては、飲酒運転やひき逃げ等の保護責任違反や死亡事故などがあります。 重い処分の場合、法律上の処分だけでなく一定期間内は免許の再取得などに制限期間が付く場合があります。

これらの免許停止や取り消しなどの処分を受けないようにするには、交通に関する規則を遵守して違反行為を行わないようにすることが必要です。

更新と変更の流れ

運転免許証の更新手続きは、免許の有効期間満了年の誕生日の前後1ヵ月に行うことができます。それを過ぎてしまうと免許証は失効してしまい、再取得の手続きが必要になります。
手続きは運転免許センターまたは、各自治体の警察署で行うことができます。運転免許証、ハガキで郵送された連絡書、6ヵ月以内に撮影した証明写真、そして手続きの申請書、これは運転免許センターや警察署に用意してあります。これらの書類をそろえて提出します。
ちなみに、持参した証明写真は申請用の写真です。免許証に使う証明写真は手手続きを行う施設内で、その場で撮影します。ただ、こうして撮影した写真が気に入らないという声が多いため、無帽、胸から上など条件を満たした証明写真を持参すれば、そちらを使用してもらうこともできます。
免許の執行期間の間に住所や国籍、または結婚で名前が変わったという場合は、記載事項変更手続きも同時に行う必要があります。この場合必要なのは、運転免許証と、現在の住所や氏名が確認できる書類です。書類は、住所の場合は健康保険証や住民票、氏名の場合は本籍地記載の住民票になります。これらの書類を申請書と一緒に窓口に提出します。
届出は原則として本人が行いますが、委任状と代理人の身分証明書があれば、家族などによる代理手続きも可能です。

運転免許の仕組み

運転免許には、様々な種類があります。
普通免許に大型免許、特殊免許に二輪免許、けん引免許など、車両に関してはこのほかにも様々な免許があります。
同じような車を運転するにしても、2種類の免許があるのをご存知でしょうか。
それは、第一種運転免許と第二種運転免許です。
第一種と第二種、一体違いは何なのかというと、ずばりお客を乗せるかどうかということ。
お客を乗せない場合であれば第一種で十分なのですが、お客を乗せる場合には第二種が必要となります。
例えば、タクシーなどは、普通の第二種ということになります。
路線バスの運転手などは、大型の第二種免許ということになるのです。
ここで微妙になってくるのが、代行運転です。
代行運転というのは、地方でよく見られるのですが、飲酒などをして運転できない人の代わりに車を運ぶサービスのこと。
タクシー代わりに使っている人も多いです。
この運転には、必ずしも第二種免許を必要としません。
というのも、依頼者は自分の車の助手席に乗り、代行運転の業者の人がその車を運転します。
そしてその後を、業者の車に乗ったもう一人の運転手がついていくのです。
これが、業者の車に依頼者が乗ると、これは第二種が必要となってきます。