運転免許制度と交通反則通告制度

運転免許制度とは自動車及び原動機付自転車等の道路交通法が適用される道路での運転を認める免許になります。道路交通法では、道路交通法が適用され道路では免許のないものは前述した乗り物を運転してはならない乗り物であると記述されているため、免許を持っている方は特別に運転を認められた者という行政上の概念では許可に当たります。ちなみに免許の取得方法は本来は運転免許試験場にて試験を受けて取得するものですが、現在では指定自動車教習所に入所して、そこで卒業検定に合格することで実技試験をパスするという方法がほとんどになっているため、本来の方法で試験を受ける方を一発試験とか飛び込み試験という呼ばれ方をすることもあります。ちなみにこの本来のやり方で試験に合格した場合、免許費用は大幅に下げることができます。ガリバーの評判ってどうなんでしょう。また、免許取得後、交通違反を起こした場合に適用される法律に交通反則通告制度というものがあります。これは1968年に制定された法律で自動車が増えたことにより交通違反事件の件数が飛躍的に伸び、検察や裁判所の活動を著しく圧迫したため出来た制度です。この制度により、本来ならば罰金や懲役といった刑事罰を受けなければならない違反も反則金の納付という形で前科を付くことなく軽微な違反にたいして煩雑な事務手続きをしなくて良いといった利点があります。
006241